本文へジャンプ
ステップアートライブラリー アートビリティのページへ トップページへ
トップページへ
はじめての方へ
ステップアートライブラリーとは?
才能に障害はない
登録・入会希望の方へ
入会したい方へ
作品の送り方
作品検索
入会費無料キャンペーン
入会申込書
登録アーティストを支援したい方へ
交流広場
リンク
事務局のご案内
お問い合わせ
アクセス


アートビリティー バナー 社会福祉法人 東京コロニー バナー
コロニー印刷バナー
ブログビリティ バナー


アトリエ拝見
これまでの「アトリエ拝見」はこちら

今回は兵庫県西宮市にある『アトリエ が・らんふ』におじゃましました。

『アトリエ が・らんふ』は、今から7年ほど前に障害のある子どもたちの保護者の切実な要望を受けて誕生しました。主宰者は、自らも画家であり絵本作家でもあるアーティスト、川原里依子(かわはら りえこ)さんです。

「障害の有無を超え、さまざまなヒトが参加する、あたりまえのアトリエです」

川原さんが語るとおり、ここには障害のある子どもたちはもちろんのこと、子どもたちの制作を支えるボランティアスタッフ、そして保護者のみなさんがあたりまえのように参加をしています。見学をしていて感じたのは、とにかく楽しい!そのひと言でした。

アトリエ が・らんふを主宰する川原里依子さんの写真(右) アトリエ が・らんふを主宰する川原里依子さん。元気いっぱいで、とってもチャーミングな方でした。

子どもたちの生み出す作品を眺めているだけなのに、どうしてこんなにも楽しくてウキウキしてくるのだろう。(さまざまな子ども絵画教室を見学してきましたが、こんなに楽しいと感じるアトリエはめったにありません!)

そこには、大人側の思惑など全部すっ飛んでしまうような、川原さんに言わせると「アートの知識で武装された」ちっぽけなキャリアなどこなごなに打ち砕かれてしまうような、新しい発見があります。そしてそれが何と心地よい新鮮な驚きに満ちていることか・・・。まさにカ・イ・カ・ン。

もちろん、「が・らんふ」のアーティストたちの制作意欲を引き出し、彼らの力を発揮させる原動力となっているのは、アーティストである川原さんのセンスと力量に他なりません。

作品の写真 作品の写真
すべて子どもたちの内なるパワー、やむにやまれず表現したい思いから生み出された作品の数々。
 
祐谷敦志くんの新作の写真   作品の写真
障害児のためのアートコンクール『キラキラっとアートコンクール』で優秀賞を受賞し、あらたにアートビリティ登録作家の仲間入りをした祐谷敦志くんの新作を発見!   その子のこだわりを尊重し、それを制作へと導く川原さんのセンスには脱帽です!このオブジェは、ひたすら新聞紙を、力をこめて丸めることにこだわった子どもの『こだわり』を活かして作られた作品。まだまだ発展中です。
 
制作中の東くんの写真   作品の写真
その子に合った画材選びにも、川原さんの類稀な感性が発揮されます。アートビリティ登録作家でもある東くんに、パステルを薦めたのも川原さんです。
 
  東くんならではの色の美しさ、形のおもしろさが光る『パンダ』の完成です。
制作中の榎本会希くんの写真   ボランティアでアトリエを手伝うかっちゃんの写真
ものすごい集中力を見せて制作する榎本会希くんは、もしかして天才アーティスト!?今から名前を覚えておこうと思います。   平日は会社員。休みの日にボランティアでアトリエを手伝うかっちゃん。「すっかりハマッてしまいました」と語る、穏やかな笑顔が印象的でした。
 
制作中の写真
 
  アトリエの写真 あまり広くはありませんが、やってきた子どもたちが生き生きと好きなスタイルで制作できる、ほっとスペースです。
制作中の写真  

戻る トップページへ
 

 
プライバシー・ポリシーについて
お問い合わせはこちら
COPYRIGHT(C) 2004 ARTBILITY. ALL RIGHT RESERVED.